ホーム > 病気 > 子宮頸がんになった場合

子宮頸がんになった場合

子宮頸がんになった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなることがあります。

たとえ妊娠や出産を望まない女性でも、後遺症が残り、仕事や生活に影響するなど失うものは多大なものです。

アキュモード式妊娠術の口コミとネタバレによると、がんがもっと進行してしまった場合には、生命そのものに対して重大な影響を及ぼすおそれがあります。

子宮頸がんは、初期には全く症状がないことが多く、自分で気づくことはありません。

そのため、不正出血やおりものの増加、性交のときの出血などに気がついたときには、

子宮頸がんが進行しているということも少なくありません。

すると、子宮をすべて摘出する手術が必要になることもあります。

そうなると、妊娠、出産の可能性を失い、女性にとって心身ともに大きな負担となります。

また、まわりの臓器にがんがひろがっている場合には、子宮だけではなく、

そのまわりの卵巣やリンパ節などまわりの臓器もいっしょに摘出することにもなります。

日本では、子宮頸がん(しきゅうけいがん)は、がんによる死亡原因の第3位です。


関連記事

何をやったか記録すること
毎日、「何をやったか記録すること」バカらしいかもしれませんが、 ・目標を自分の脳...
子宮頸がんになった場合
子宮頸がんになった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなること...