写真は光がいのち

【写真は光がいのち】「出会い系サイト」というと、危険なイメージが強く、多くのインターネットユーザーに避けられているものです。
それもそのはず、様々な事件やトラブルに関わっているサイトだからです。
事件やトラブルに巻き込まれるのは、誰だって嫌なことですから、避けたくなっても仕方がないと思います。

しかしながら、現在の日本は出会いの場が減少しているため、異性と出会うための手段の1つとして、出会い系サイトは利用する価値があるのではないかと思うのです。
毎日忙しくて、出会いを探す時間が限られている方はもちろんのこと、異性を目の前にすると緊張してしまうという方、周囲に良いと思える異性がいないという方など、様々な事情を抱えていて、現実世界での良い出会いがないという場合には、特におすすめだと思います。

出会い系サイトを利用する際に必要になるものといえば、「顔写真」です。
顔写真は主に、プロフィールを作成する時や、メールで顔写真を交換する時に利用します。
中には、「プロフィールには載せたくない!」「本当に出会える相手にだけ見せたい」という理由で、プロフィールへの掲載を避けるユーザーもいるのですが、出会い系サイトという、出会いに特化したサイトを利用している以上、どこかの場面で必ず必要になる時が来ます。

顔写真を用意するからには、やはりキレイに撮れた顔写真を利用したいですよね。
間違っても、写りの良くない写真は利用したくないと思います。

キレイに顔写真を撮るためには、「光」が必要になります。
写真スタジオやプリクラ機を思い出してほしいのですが、写真スタジオやプリクラ機の中というのは、とてもキレイに写りますよね。
それは、身体に向かって、光が当たるようになっているからです。

皆さんも経験があるかと思うのですが、光がないところで写真を撮ると、暗く写りますよね。
ということは、出会い系サイトで利用する顔写真を、光のない暗いところで撮ってしまうと、暗く写ってしまってよく分かりません。
また、本当は暗い性格ではないのに、暗い印象を与えてしまう可能性もあるので、もったいないと思います。
ですから、顔写真を撮る時は、なるべく顔に光が当たるように、上手にコントロールして撮るようにしましょう。

顔に当てる光は、太陽の光が一番良いので、外で撮るか、屋内であれば窓辺で撮るのがおすすめです。
光を利用して顔写真を撮ると、きっとキレイな顔写真が撮れるはずです!

写真は光がいのち / 写真は光がいのち / 写真は光がいのち / 写真は光がいのち / 写真は光がいのち